週間出勤表
12月6日() 20:00 ~ 00:00
12月7日() -
12月8日() -
12月9日() -
12月10日() -
12月11日() -
12月12日() -

プロフィール

常代 夢 (24歳)
T.171 B.83 (C) W.58 H.85 ・A型

アピールコメント

皆様とお会いさせて頂くことを心より待ち望んでおります。

店長コメント

純情が灯した恋心。
うら若き乙女はかく語りき。
「恋さえ実れば、世界はこうも美しく輝くのでしょうか」と。
雪原薫る肌に白粉は似合わない。
恥じらい染まる目元に頬紅は要らない。
潤い恋を滲ます唇に口紅は残らない。
夏の夜、茹だるような夜の月明かりの下。
りんりんと揺れる胡蝶蘭のように、彼女は其処にいた。

微笑む表情はどんなジュエリーよりもまぶしく奥ゆかしい。
在りし日の初恋の味をリップに宿し、艶やかに口元は緩い笑みを作る。
きゅ、と細められた目はなだらかなアーチを描き、
どんな虹よりも多く彩を灯していた。

すらりと伸びた背丈は清らか。
円らな胸は可愛げに小さく上下し、先端の陰影は滴るほどに瑞々しい。
臍の起伏はなだらかに、しかし華奢な四肢を表す。
腰骨から秘部への線はか細くも、柔らかに女性の花園へと導かれる。


着飾らぬ想いは等身大の彩を魅せ仄かに輝く。
どんな高価な服ですらも、彼女の笑顔の前に敵わぬものとなる。
細身のシルエットは月夜に浮かび、円舞曲を躍る脚はかろやか。

人々の癒し手たるその掌からは、安らかな想いが波となり岸辺に寄せる。

書道、華道に通ずるその立ち振る舞いに、和の趣を感じ。
愛らしくも凛々しいその横顔に花鳥風月を魅入る。

悠久の一瞬、その連続。
コマ送りのような古びた映画のフィルムのように、
スローモーションは断続的にとこしえの眼差しをこちらに投げかける。

この一瞬は、いつ途切れてしまうのだろう。
九十分、百二十分、百五十分、百八十分、
逢瀬に逢瀬を重ね、それでもまだ足りぬこの気持ちをなんと形容するのであろう。
願わくば、その微笑みを切り取って、永遠に玄関に飾りたくなるほどに。

私は病的な程に、彼女の甘い残像に囚われていた。

動画

常代 夢さん 24歳T: 171 / 83(C)-58-85 すらりと伸びた背丈は清らか。 円らな胸は可愛げに小さく上下し、先端の陰影は滴るほどに瑞々しい。 愛らしくも凛々しいその横顔に花鳥風月を魅入る。

< 女の子一覧へ