週間出勤表
1月24日() -
1月25日() -
1月26日() -
1月27日() -
1月28日() -
1月29日() -
1月30日() -

プロフィール

円成寺 静 (25歳)
T.165 B.85 (D) W.55 H.84 ・A型

アピールコメント

皆様とお会いさせて頂き、初めての世界を知ることに胸が高鳴ります。誠心誠意尽くして参ります、よろしくお願い致します。

店長コメント

女学生のような貴女との出逢いは、白昼夢の様だった。
 
女性、という機能美を余すことなく満たした身体が描く
品格溢れるその所作ひとつひとつが、本物であることを悟らせる。
それはまるで完成された方程式をなぞるように、
あたかもそう動く為にあしらえたかのように。
黄金の比率を奏で、目にする者の喉を鳴らす。
 
緩やかな、とろけるようななだらかな起伏。
その曲線の描く淫らさがあまりに耽美的で。
その輪郭が織りなす彼女という存在は、情欲さえ感じる耽美画のようで。
 
薄くもたわわな胸から引き締まった臍へ、臀部へ繋がる女性のカタチがあまりに強烈で。
恥ずかし気に赤らめる頬でさえも、ぽとりと垂らした水彩の紅のようで。
アーティスティックの根源とは、セクシャリズムであることを認識させられる。
 
しかし紡がれる言葉は穏やかな小春日和の様。
逢う者の背広を優しくはたき、ホコリを落とし明日へと背中を押してくれるその心。
その朗らかな微笑みにこそ、その声の彩にこそ、包み込む温もりが宿る。
 
体温を感じるやり取り、交わす言葉の摩擦の微熱。
それぞれが確かな繋がりの証明となり、私と貴女の絆を縁取る。
熱冷め止まぬまま過ごす夜は生ぬるく、二人の間を涼しげな風が吹き抜ける。
重ね合わせる柔い肌だけが、貴女の存在を証明してくれた。
 
奪った羽衣を隠してしまえば、貴女との恋路は結ばれるのでしょうか。
その微笑みは多くを語らず、困ったように眉尻を下げた。
 
慈愛に満ちたベッドのほとりで、ただ満たされた時を想う。
夢ではないことを理解したくて、意味もなく膝をつねる。
ふと、後ろから伸びる白い手のひらが、その赤くなった膝をなぜた。
 
どうしようもなく優しい貴女の、慈しみの所作。
そんなぬくもりがどうしても泣きたくなって、貴女の身体を抱き寄せた。

< 女の子一覧へ